Mylan Seeing is believing

BAREC Study

試験デザイン

対象症例と試験方法

対象患者 <選択基準>

(1)1ヵ月以上にわたる症状(主として労作時の呼吸困難)を有する比較的安定期のCOPD患者

(2)FEV1/FVC 70%未満、かつFEV1予測値の80%未満※1(GOLDガイドライン分類StageII,IIIに該当)

(3)40歳以上

※1 FEV1、FVC:短時間作用性吸入β2刺激薬
(サルブタモールまたはプロカテロール)投与後の数値

評価項目 ● QOL評価(SGRQ)
● 呼吸機能(スパイロメトリー、PEF)
● 他覚所見(MRC呼吸困難感)
● 自覚所見(喀痰、咳嗽、喘鳴、ADL※2、夜間睡眠)
● 6分間歩行試験
● 安全性(副作用)
● 服薬コンプライアンス

※2 ADL:日常生活動作

試験方法 ● 封筒法による多施設共同並行群間比較試験

Fukuchi Y, et al. Treat Respir Med. 2005;4(6):447-55.


PDF:254kb
トップへ