Mylan Seeing is believing

特性解説(ビデオ)

ツロブテロールの全身投与がもたらす、より効果的な喘息長期管理をビデオプログラムで解説します。

ホクナリンテープの剤型がもたらす有用性

監修:近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 地域医療連携学総合講座 教授 久米 裕昭 先生

ホクナリンテープの特徴である、徐放機構による長時間にわたる血中濃度の維持。
そして貼付剤ならではの全身投与の有効性について解説します。

ムービー再生 (2’33”)

β2刺激薬の特性にもとづいた長期管理薬の選択

監修:近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科 地域医療連携学総合講座 教授 久米 裕昭 先生

ホクナリンテープは耐性を誘導しにくいことが知られています。
その理由を固有活性と投与経路の視点から解説します。

ムービー再生 (4’20”)

参考資料 : Kume H. Allergol Int. 2005;54(1):89-97

ホクナリンテープ 結晶レジボアシステムの仕組み

ホクナリンテープの結晶レジボアシステムでは、有効成分である
ツロブテロールが膏体中に溶解した状態に加え、結晶化した状態で存在しています。
1日1回貼付で、適正な血中濃度を長時間にわたり安定して維持できる仕組みを説明します。

ムービー再生 (1’37”)

トップへ