ホクナリンテープ

バーチャル工場見学

ホクナリンテープがどのようにして出来上がるのか、いっしょにみていきましょう!

ホクナリンテープは、日東電工株式会社が開発した世界初の技術とマイランEPD合同会社が開発した「ツロブテロール」が組み合わさることで、うすさと長く持続する効果を実現しました。主成分「ツロブテロール」と粘着(ねんちゃく)剤をテープ状に加工し、一枚一枚をていねいにつくっています。

日東電工株式会社 東北事業所

バーチャル工場見学

日東電工株式会社 東北事業所

ホクナリンテープが
どのようにして出来上がるのか、
いっしょにみていきましょう!

ホクナリンテープは、日東電工株式会社が開発した世界初の技術とマイランEPD合同会社が開発した「ツロブテロール」が組み合わさることで、うすさと長く持続する効果を実現しました。主成分「ツロブテロール」と粘着(ねんちゃく)剤をテープ状に加工し、一枚一枚をていねいにつくっています。

01 混ぜる02 塗る/乾かす03 分ける04 切り込む05 切り抜く / 包む
01 混ぜる

ここでは、主成分の「ツロブテロール」粘着剤(ねんちゃくざい)
溶剤(ようざい)
をタンクで均一にかき混ぜて
調合液をつくっています。

ホクナリンテープは、粘着剤(ねんちゃくざい)によって体からはがれにくく
「ツロブテロール」が体に吸収されやすいように考えられています。

あの大きなプロペラで
かき混ぜているんだね~。

01 混ぜる02 塗る/乾かす03 分ける04 切り込む05 切り抜く / 包む
02 塗る/乾かす

ここでは、調合液をシートにうすく塗り、乾燥させています。
 

乾燥器の温度風の強さをうまく調節することで
ツロブテロールを濃縮(のうしゅく=濃くすること)しています。

この工程で作られた大きなホクナリンテープの巻物は、
一定温度で保管することで、

結晶(けっしょう)化したツロブテロールと結晶化していない
ツロブテロールが混ざった状態(結晶レジボア
になります。

ホクナリンテープはとてもうすいのに効果が長続きするのは
結晶レジボアシステムのおかげなのです。

これがホクナリンテープのもとの形なんだね。
 

01 混ぜる02 塗る/乾かす03 分ける04 切り込む05 切り抜く / 包む
03 分ける

ここでは、大きなホクナリンテープを均一な幅に切っています。
 

大きなホクナリンテープを、患者さんが使いやすい大きさになるよう、
幅を調節して切り分けています。

セロハンテープみたいだね!
 

01 混ぜる02 塗る/乾かす03 分ける04 切り込む05 切り抜く / 包む
04 切込む

ここでは、ホクナリンテープを体に貼るときに
裏のライナーをはがしやすくするために
細長いホクナリンテープのライナーだけに切り込みを入れています。

ライナーには一目でわかるように
「はがす」と印刷しています。

ライナーには一目でわかるように
「はがす」と印刷しています。

ホクナリンテープのライナーだけに切り込みを入れます。

ホクナリンテープはとてもうすいので、全部切ってしまわないように、
髪の毛の直径以下のサイズで調整しています。

とても細かい調整をして切っているんだね。
 

01 混ぜる02 塗る/乾かす03 分ける04 切り込む05 切り抜く / 包む
05 切り抜く/包む

ここでは、切り込みを入れたホクナリンテープを四角形に切り抜いて、
一枚ずつ包装用シートで密封(みっぷう)します。
密封した後、センサーで中身をチェックしています。

皮膚からはがれにくくするために、
角の丸い四角形に切り抜きます。

密封(みっぷう)したホクナリンテープは一枚一枚センサーでチェックして
ホクナリンテープがきちんと入っているか調べます。

工場ではみなさんに安心して使用してもらうため、
しっかりと品質管理をおこなっています。

こんなふうに作られているんだ!
 

包装・出荷(勝山工場)

トラックにて輸送(勝山工場)

包装・出荷(勝山工場)